キャベツ畑
きゃべつ
キャベツが届くまで
一年中食べることのできるキャベツだけど、なぜ一年中食べることができるのかな。キャベツが私たちのもとに届くまでには、キャベツを作る人や、届ける人など、たくさんの人がかかわっているんだ。どうやって私たちのもとにキャベツが届くのかを、知ってみよう。

キャベツの秘密を大公開

キャベツの栽培方法

キャベツの栽培方法世界では約2,500万トンのキャベツが生産されているよ。そのうちの半分の量は中国・インド・ロシアなどで生産されているんだ。日本は約150万トン。収穫量は4番目くらいだ。主に、愛知県・群馬県・千葉県などで生産されているよ。普通、夏にキャベツを作るとかたくておいしくないキャベツができる。けれど、夏でもおいしいキャベツをつくることができるようになったんだ。ここでは、なぜキャベツを1年中食べることができるか、そのひみつにせまるよ。

キャベツの栽培方法

キャベツの流通

野菜は傷みやすいので、外国に頼らず、自分の国でつくることが多いんだ。私たちが普段食べているキャベツは、どのようにして届けられているのだろう。キャベツを新鮮なまま、遠い地域まで運ぶ技術や、キャベツの収穫からお店に並び、私たちのもとへ届くまでを見てみよう

キャベツが私たちのもとに届くまで

キャベツの流通

【役所】 → 【生産者(農家)】 → 【農協(農業共同組合) ※このほかにも、農業試験場・肥料農薬会社・農機具会社・ダンボール会社があるよ。】 → 集荷場 or.予冷庫 → 【卸売市場】 → 【(仲買人)】 → 【スーパー・八百屋】 → 【消費者】

キャベツの流通

キャベツを育ててみよう!

お家や学校でも、キャベツを育てることができるよ。どんな風にキャベツが育っていくのか、観察しながら育ててみよう。

キャベツの花を咲かせてみよう!

  1. 収穫しなかったキャベツを、土の上に置いておく。
  2. 切り目を入れて、葉を開く。
  3. 花芽がのびて、キャベツの花が咲く。キャベツの花はアブラナのような花をしているよ。

キャベツを育ててみよう!


コラム

キャベツの価格について

キャベツは、国で「重要野菜需給(じゅきゅう)調整特別事業制度」の対象作物に指定されているよ。この制度は、国が野菜の価格と需給を調整し、一年中ほぼ一定の価格で消費者の手の入るようにする制度なんだ。キャベツは、3日間経費を下回ると赤字になってしまうので、キャベツを畑でつぶしてしまうこともあるんだ。農家の人にとっては、とてもつらいことだよね。その代わり、畑でつぶした分は、国で負担してくれることになっているんだ。また、各農家も「野菜生産安定基金協会」に加入して、万が一に備えて積み立てているんだよ。(参考:キャベツが届くまで:岡田まさる・著)