キャベツ畑
きゃべつ
キャベツの歴史
キャベツは古くから、人間とかかわりを持ってきた食べ物なんだ。野生のキャベツは、地中海沿岸で生まれたんだよ。ヨーロッパの人にとって、キャベツはどんな食べ物だったのかな?今のようなキャベツになって、私たちのところへ伝わるまでの面白いエピソードを紹介しよう。

キャベツの祖先「ケール」

ケールキャベツは、古くから薬草と使われていたんだ。キャベツの祖先であるケールは、私たちがよく食べているキャベツのように、葉が巻いていなくて、背が高くなる植物なんだ。日本では青汁の材料として知られているね。ケールは、スペインのあたりに住んでいたイベリア人が野生のものを利用していて、その後、地中海沿岸に侵入してきたケルト人たちが栽培することによって、ヨーロッパに広まっていったんだ。キャベツという言葉は、もともとケルト語でブレジックといって、キャベツの学名のブラシカ属オルラケアは、このケルト語からきているんだよ。

薬草としても使われていた

ギリシャ古代ギリシャやローマでは、薬草としてのキャベツの研究が行われていて、たくさんの書物が残されているよ。数学者であり哲学者であるピタゴラスは、「元気と落ち着いた気分を保つ野菜」と書いたし、カトーという古代ローマの政治家も、「農業について」という本で、キャベツが胃によいことを書いたんだ。キャベツの栄養や効果には、昔から注目されていたんだね。 古代ギリシャやローマでは、キャベツがおさけの酔いをさますといわれていたんだ。ギリシャでは、おさけを飲む集まりには、まずキャベツのスープを飲んでから始まるという習慣があったんだって。また、ヨーロッパではキャベツの葉を焼いて、傷口やしもやけにつけると治るといわれていたんだよ。

キャベツで恋占い

中世スコットランドでは、若者たちが目かくしをしてキャベツ畑に行き、引き抜いた根に土がついているかどうかや、かじったキャベツの葉っぱの味で恋占いをしていた。この恋占いによってヨーロッパでは、赤ちゃんはキャベツ畑からやってくる、なんて言い伝えが広まったんだ。

葉は巻いてあるものだけじゃなかった

葉のまいてあるキャベツは、古代ローマの大カトー時代にもあったんだけど、本格的に葉がまいてあるキャベツが作られるようになったのは、13世紀のイタリアなんだって。なぜキャベツの葉っぱは、巻くものだけが残ったんだろう。
それは葉が巻いてあると、

  1. やわらかくなっておいしい
  2. 日持ちがしていたみにくい
  3. 病気にかかりにくかったり、虫がつきにくい

という特ちょうがあるからなんだ。人間が食べやすいものを選んで育てていくうちに、葉が巻くものだけが食用として残っていくようになったんだって。葉が巻いているキャベツはヨーロッパからアメリカに伝わって、いろんなキャベツが誕生したんだ。

日本に伝わった時のキャベツ

生野菜を食べるきっかけに

日本では江戸時代になると、鑑賞用としての葉ぼたんが栽培されたんだ。食用のキャベツができたのは明治時代のことで、文明開化とともに西洋料理が伝わったんだ。そのとき、日本人の口にあうように作られたんだけど、トンカツもそのときに誕生したんだよ。このとき、トンカツのつけあわせにキャベツが盛られるようになって、生で野菜を食べるきっかけになったんだ。

日本の野菜としてのキャベツ

日本では野菜は、煮たり漬物にして食べるのが当たり前だった。生で食べると虫がつくから、衛生の問題もあったんだね。でも、衛生がよくなって昭和30年代〜40年代には急速に生野菜が食べられるようになっていったんだ。日本には、外国からいろいろな野菜が伝わってきたけど、キャベツもそのひとつ。ロールキャベツやスープ、パスタやサラダも外国の料理なんだ。でも日本人は自分たちの口にあうように工夫してきて、今日本の家庭の味になりつつあるんだね。