キャベツ畑
きゃべつ
新鮮なキャベツを食べよう
どんな野菜でも日がたつにつれ味が落ちてしまう。味が落ちているとき栄養も失われているんだ。お店には沢山のキャベツが並んでいるけど、どのキャベツがおいしいんだろうね?少しでもおいしく食べるために、まずはキャベツの栄養と新鮮なキャベツを選ぶ方法を覚えてみよう。

キャベツの栄養

キャベツにはたくさんのビタミンやミネラルが含まれている。キャベツの栄養を知って上手に料理することで、キャベツが持っている栄養を余すことなく食べることができるんだ。

ビタミンCエネルギー23.0kcal
食物繊維(しょくもつせんい)1.8g
カロテン50μg
ビタミンC41mg
ビタミンK78μg
葉酸(ようさん)78μg
カリウム200mg
(キャベツ100gあたり)

肌をきれいにするビタミンC

キャベツにはビタミンCが100g中41mg含まれている。ビタミンCというと、レモンやアセロラのようにさわやかなイメージがあるかもしれないね。ビタミンCをとるとストレス解消の効果があって、いらいらがおさまったり、気持ちがすっきりするんだ。ビタミンCには免疫力を高めて風邪をひきにくくしたり、肌をきれいにする働きがある。夏の強い日差しに当たっても、しみやそばかすができにくくなるんだ。ほかにも傷の治りを早くしたり、歯ぐきから血が出ないようにする働きもあるよ。ビタミンCは水に溶けやすいビタミンだから、生で食べるのが向いているんだ。加熱調理するときは、煮汁も一緒にとるようにしよう。

胃を健康に保つビタミンU

ビタミンUは、キャベツから発見されたので、別名キャベジンというんだ。パセリ、レタス、ブロッコリーなどにも含まれている。胃の粘膜を健康に保ち、肝臓の機能を高めたり生活習慣病の予防もしてくれるんだ。キャベツに含まれる量は、春キャベツで100gの中に3.2〜16mg。ビタミンUも水に溶けやすいビタミンなので、生で食べるのが向いているよ。

カルシウムの働きを助けるビタミンK

ビタミンKは、キャベツが野菜の中で最も多く含まれているよ。ビタミンKは血を固める働きがあって、転んだときや鼻血が出たときに血が止まるのは、ビタミンKのおかげなんだ。ほかにもカルシウムが骨を作るのを助ける働きもあるよ。だからビタミンKは、カルシウムと一緒にとると、いっそう骨が丈夫になるんだ。ビタミンKは脂に溶けやすいビタミンなので、加熱調理をするのが向いているんだよ。

キャベツでダイエット

ダイエットキャベツには、太りすぎを防ぐ効果もあるんだよ。そこで、キャベツでダイエットする方法を紹介。まず、ざく切りにしたキャベツを1/6玉程度、食事の前に時間をかけてゆっくり食べる。塩、しょうゆ、レモン汁などで味つけしても構わないよ。一口に20回程度かむようにすると、10分ほどかかる。このことによって、脳の満腹になるサインが刺激されて、ご飯の量を減らすことができるんだ。キャベツダイエットでは、1日70gのたんぱく質を摂ることが条件となっている。キャベツダイエットを続けると、いつもより自然とごはんが軽めになるんだって。決してキャベツだけを食べるのがキャベツダイエットではないので、興味のある人は、大人の人と相談してやってみてね。

キャベツでがん予防

キャベツにはイソチオシアネートという成分が含まれていて、これがガン予防に効果があるといわれているよ。ガン予防に効果がある食品としては、1番高いといわれているにんにくの次に挙げられているから、期待できそうだね。このほかにもインドール化合物やペルオキシターゼといったガンを抑制する物質が含まれているんだって。

美味しいキャベツの選び方

それでは、おいしいキャベツはどんなキャベツなのか、選び方を伝授しよう。

  1. 緑の色が濃く、葉につやがあるものを選ぼう。
  2. 冬キャベツは葉がぎっしりと詰まっていて見た目よりも重たいもの、紫がかったものなら寒い地域で育ったキャベツだから、甘味があっておいしいよ。
  3. 切り売りのキャベツは切り口が新鮮なものを選ぼう。芯が大きいキャベツは成長しすぎて味が落ちているから、全体の大きさに対して大きすぎないものを選ぼう。

キャベツの保存方法

使いきれなかったキャベツは、ラップに包んで冷蔵庫で保存しよう。春キャベツのほうが冬キャベツより傷みやすく、夏で2〜3日、冬で1週間程度日持ちするよ。さらに長持ちさせるなら、キャベツの芯に切り込みを入れ、そこに水をふくませよう。水をふくんだペーパータオルや脱脂綿を使うといいね。そしてビニール袋に入れておけば2週間は持つんだ。また、保存をするときは、小さく切ってしまうほど傷みが早くなるから、最初に切ってしまって冷凍保存すれば、1ヶ月くらい保存できるんだ。

キャベツは1日どれだけ食べたらいいの?

キャベツの栄養は外側の葉と芯に近い葉っぱのほうに含まれているから、芯まで残さず食べるのが理想的だ。
キャベツにはほとんどのビタミンが含まれていて、特にビタミンCが豊富。キャベツの葉っぱ2〜3枚食べるだけで1日の必要なビタミンCをカバーできちゃうよ。